8.この時代の変わり目に

8月8日
「やはり軍事力ということを目標にした研究でいい開発ができるという風に考えてる。そうじゃないと私は思いますよ。」

関口宏(自称テレビ屋)
君和田正夫(独立メディア塾塾長・元朝日新聞・元テレビ朝日社長)
田中優子(法政大学総長・江戸文化研究)

前回

君和田 いろんなメディア関係の本を読むと、新聞とか映画批判のなかに、戦争のたびに、新聞は部数が飛躍的に増えてきた、映画もね、戦争のたびに、航空機が開発されると、上空から写真映像が取れる。戦争によってそういったものがどれだけ伸びてきたか、っていうのが書いてあって、みんな指摘してるんですね。それはその通りなんだと思うんだけど。

関口 でも、その時代は、もう終わる。まだ新しい飛行機ができたりした時代は、それを作ってる人はそれ自体で儲かったしみたいな、戦争は儲かるっていう。なんか時代だったけど、もうこれからは、戦争も儲からんのじゃないですか?

田中 戦争は大変な損失を。

関口 うん。戦争は破壊だけになっちゃうんじゃないか。それは、どうお考えですか?

君和田 どうですかね。それは、まだ儲かる人がいるんでしょうね。

関口 まだ、儲かるのかな。

君和田 うん。儲かる人がいる限り、戦争をやろうという話に。

関口 なるのかな。

君和田 みんなが損するんだったら、戦争しないっていう。

田中 防衛装備庁がね、巨額の予算を大学にどんどん出し始めているんですね。軍事研究ですよね。法政大学は早くに、この研究はしないっていう声明を出したんですけど。

関口 あれ、学者さんたちの間でも、いろいろ意見が分かれるでしょう。

田中 そうですね。だけれども、大方はしないという方針を出しているんですよね。で、どうしてかって言うと、研究費、ただお金をくれるだけならいいんですよ、お金をくれて自由にやりなさいとか、いうんだったらまだいいんです。そうじゃないんです。やっぱり、管理するんです。なにか起こったら、自分たちで解決できそうにならなくなったら、私たちがそこに行って監視しますとか、事情を聴きますとか、いろんなことが書いてあるんです。ちゃんと。

関口 うーん。

田中 だから、監視しますってことです。ちゃんと。で、監視下におかれて研究をする、ということは目的に沿わない研究はしちゃいけないってことになるので、目的は軍事研究なんですから、それは当然軍事なんですね。ですから、そういうようになり始めてますから、やはり軍事力ということを目標にした研究でいい開発ができるという風に考えてる。そうじゃないと私は思いますよ

関口 どういうことですか?

田中 もう、そういう時代じゃないと思いますよ。

関口 そうじゃない?

田中 ええ。関口さんがさっきおっしゃったように、軍事だから技術が高まるというとかっていうような時代ではないんです。やっぱり他のことで、いくらでも。たとえば、原子力ひとつとっても、原子力で爆弾を作るという時代ではなくて、そっちにお金を注ぐのではなくて、むしろ廃炉にするのには、どうしたらいいのかっていう、そっちでも、かなりの研究費が必要になりますよね。つまり、いくらでも戦うのではない新しい生活を打ちたてるための技術とか研究って必要なんですよ。ですから、なにも軍事研究しなくてもいいんですよ。

関口 だけど、そのお金を出してるところは、軍事関係の国の省庁が出してるから、やっぱりそれにしか使えないよね。

田中 使えないんです。で、それは当然税金から、これは防衛省にお金が行ってるわけですから、国の政策として、それはそれでしかたないんでしょうけども。まぁ、応じなければいいってことですよね。

関口 だけど、応じちゃうとこもあるでしょ。

田中 応じてるところもあります。

君和田 学術会議なんかは反対声明を。

田中 いち早く出しましたね。かなり、なかは揉めたようですが。やはり全体としては、それはやめようと。

関口 ただ、難しいよね。なんかひとつのことをコツコツ研究していたら、それは結果的に、軍事利用されちゃうとかね。そういうことはいくらでも起こってるんでしょ。

田中 ですから、軍事費で研究してるわけじゃないけれども、自分の研究はなにに使われるってことも、ちゃんと自覚してなければいけない。

関口 だからまぁ、先の戦争の時だって、日本もね原爆の研究を始めたって言いますからね。だから、難しい問題ですよね。それは。

田中 やはり必要なのは意識してるってことでしょうね。そういう風に、利用されるんだっていう、研究すればなにか別なことに利用されるんだっていう。これは、多分、自然科学だけじゃないと思いますよ。

関口 はい。あらゆることがそうでしょう。

続く

これまでの時代・これからの時代。現代への憂と期待を、大人たちが語り合う。いかがでしたでしょうか?「この時代の変わり目に」は、この夏毎日更新しています。カレンダーの日にちをクリックすると、その日の動画がご覧いただけます。



2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

(制作)「日めくりテレビ」