記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

三桂 × 独立メディア塾


何故?渋沢栄一が偉大なのか?
会社をたくさん作ったから?それだけなら他にもたくさんいるだろう。 何故?日本資本主義の父と呼ばれるのか?
1868年大政奉還で始まった明治政府だが、その時渋沢栄一はフランスにいた。
フランスで学んだ渋沢が、帰国後政府に入り「藩札」問題解決の糸口を見つけ、廃藩置県に繋がる。
武士ではなく豪農層の出であった渋沢だから成し遂げられた、明治期の経済誕生「合本主義」と「資本主義」 「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一と江戸から明治に代わる日本の誕生は奇跡的なタイミングではじまった。

・明治政府が誕生してから、廃藩置県まで3年もかかった理由
・渋沢のフランス留学?パリ万博で学んだこと
・公益重視の株式会社「合本主義」の本質
・渋沢の学ぶ柔軟さと、好奇心が日本をつくった

出演:
加来耕三
 歴史家・作家として独自の史観にもとづく著作活動を行なっている。
 「歴史研究」編集委員。内外情勢調査会講師。地方行財政調査会講師。
 政経懇話会講師。
 古流剣術の東軍流17代目宗家。合気道四段。

小林紀子
 フリーアナウンサー
 現在加来と共にラジオ番組「加来耕三の歴史あれこれ」に出演。アシスタントをつとめている。

歴史家加来耕三に聞く「歴史にまなぶ・・」
NHK2021年大河ドラマ「青天を衝け」
加来耕三が語る渋沢栄一②

出演者

  • 加来 耕三 文化人 歴史家・作家

  • 小林 紀子 キャスター

この動画に関する記事

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。