記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

  • 関口 宏 テレビ屋

    テレビ中心に生きてきた単純なテレビ屋ですので、大体そのあたりの軽い話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。3代にわたる江戸っ子(祖父は神田の火消し、父は映画俳優、佐野周二)。 昭和38年NET(現テレビ朝日)シオノギ劇場「お嬢さんカンパイ」でデビュー。フジテレビの「スター千一夜」の司会を務めた後、TBS「クイズ100人に聞きました」「わくわく動物ランド」「関口宏の東京フレンドパーク2」「サンデーモーニング」、読売テレビ「ワンダーゾーン」「どっちの料理ショー」、日本テレビ「知ってるつもり!?」など幅広いジャンルの番組で司会者として活躍。

トークルーム

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

トークルーム

断・捨・離 パート2

関口 宏

2022.05.02

 「断・捨・離」を迫られる事態がまた来てしまいました。4年ほど前、30数年住み慣れた家を出てマンションに移った時、このコラムで「断・捨・離」の必要性と、また同時に味わう、辛さ、寂しさを書かせていただいたのですが、まだ終わっていなかったのです。

 今度は、最近ほとんど使わなくなっていた事務所の一室。そこの新たな使い道が出てきたため、そこにあった物全てを始末せざるを得なくなったのです。久しぶりにその部屋に置いてあった物を見てみれば、もう着られない古ぼけた衣装から錆びたゴルフクラブ、もう2度と見ることもないと思われる切り抜きスクラップの束、今や何の価値もないと思われる古本・古雑誌。その辺りまでは「えーい、みんな捨てちまえ!」と思われたのですが、「いや、ちょっと待て!」がやはり出てきました。

 まずは4年前と同じく、自分の番組のVTR。あの時は苦しんだ挙句、「エイやっ!」で捨ててしまいましたが、事務所にはレアなものが結構残っており、「これはなー」としばし腕組みをしてしまいましたが、「もう再生する機械も持っていないし、今や“ユーチューブ”で見られるものもある訳だし・・・・・」で、「エイやっ!」になりました。さらに「エイやっ!」はカセットテープ、 MD(ミニディスク)と続きました。



 MDなんて覚えていらっしゃいますか。薄くて小さな四角いプラスチックの中にCDが入っているようなもので、扱いやすい感じがしたのですが、短期間で姿を消しました。(聞くところによると今でも作られていて、マニアには重宝されているそうです。)

 そして今回、一番悩んだのは・・・・・8ミリ映写機でした。

 ホームビデオが流行る前、世のお父さんたちは8ミリ映画に我が子の成長を記録したのです。女優さんが優しく語りかける「私にも写せます!」がテレビCMで話題になり、私もその流行に乗りました。
 カセットタイプの8ミリフィルムを、カメラにポン!と装填するだけで撮影できた優れものでしたが、あっという間にビデオに押され、姿を消しました。が、今回出てきたのはその撮影済みのフィルムを写す映写機。そのレトロチックな姿に、別れ難い想いが込み上げてきて困りました。が、「下さい!」と名乗り出た事務所の若者がいて、「よし!持ってけ!」でケリがつきました。



 そして不思議なことに、こんなところから一本、ウイスキーが出てきました。「マッカラン・10」。つまり10年ものです。しかし何時、何があってこれが存在するのか、見当もつきません。陽に当たっていないせいかラベルもしっかりしています。考えあぐねているところに年配のマネージャーが現れました。「うーむ・・・。多分“サンデーモーニング”10周年の時、誰かに頂いたんじゃなかったですかね」。と、それ以上の記憶も出ぬまま、そういうことにしようと決めたのでした。

 でも、ということは、10年もののウイスキーが放ったらかしにして35年ものになったわけで、「傷んでいるかもしれない」と心配しながらグラスに注いだのですが、これが何とも素晴らしい香りと味わいを与えてくれて、しばし「断・捨・離」とは何ぞや、を思い巡らしました。

 齢、78。色々なことを体験させていただいた末の整理の段階。そこには良くも悪くも様々な思い出が蘇ってくるのですが、その思い出も、「断・捨・離」と共に整理されてゆくような気がしました。


 テレビ屋  関口 宏

あなたも記事に
コメントを書いてみませんか?

トークルームに参加しますか?

トークルーム参加にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。