記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「誰がために鐘は鳴る」(For Whom The Bell Tolls.) 

 独立メディア塾 編集部

 ジョン・ダン(英国の16~17世紀の詩人、晩年はイギリス国教会司祭)の瞑想録17番「死に臨んでの祈り」から。
 米国の作家アーネスト・ヘミングウェー(1899年7月21日~ 1961年7月2日)がスペイン市民戦争を舞台にした小説のタイトルに引用。

 「弔鐘は教会法の定めにしたがって、朝にもゆうべにもうちならされているが、誰のためにあの鐘が鳴っているかを、知ろうとして教会に人を走らせたりしてはいけない。あの鐘はあなたのために鳴っているのだから」。「一人の死も人類共感の金の音である」。(「死神の唄―文豪ジョン・ダンの思想遍歴)西山良雄著から)
 アーネスト・ヘミングウェー(1899年7月21日 - 1961年7月2日)がスペイン市民戦争を舞台にした小説のタイトルに引用。1943年、米国で映画公開。主演ゲーリークーパー、イングリッドバーグマン。
 ヘミングウエーの「日はまた昇る」(the sun also rises)も、ダンの「日の出」(the sun rising)という恋愛詩から借りたと考えられる(「死神の唄」西山良雄著)。

 ヘミングウェーは1954年、『老人と海』が大きく評価され、ノーベル文学賞を受賞。1961年7月2日の早朝、散弾銃で自殺(当初は銃の手入れの際に起きた暴発による事故死と報じられたが、後に遺書が発見された)。
 「日はまた昇る」(the sun also rises)のタイトルも、ダンの「日の出」(the sun rising)という恋愛詩から借りたと考えられる(「死神の唄」西山良雄著)。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。