記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

思い出の仕舞い方

テレビ屋 関口 宏

 「これ、この間の・・・・」と言われてマネージャーから手渡された1枚の写真。「あぁ、ありがとう」と言って受け取り、その写真に見入ったものの、どこか不思議なものを感じました。その写真は、久しぶりに事務所に現れた知人とのマスク姿のツーショット。それなりに今が表現されていて面白いと思ったのですが、不思議な感覚はその写真の映像ではなく、プリントされた写真というものを、手にすること自身だったのです。

 思えば知らず識らずのうちに、プリントされた写真を手にすることがなくなっていました。帰宅してアルバムを開いてみれば、2018年6月以降、新しい写真は追加されていません。つまり写真なるものは、スマホで用が足りる時代になっていて、スマホからスマホへの転送によって、写真をあげたりもらったりが済まされているのでしょう。

 しかし私自身はスマホ写真に抵抗するアナログ派というか、ただのジジイなのかもしれませんが、スマホの写真はどうも見た気がしない、じっくり見ようと思えない人間なのです。


 しかも今回のように、プリントされた写真をもらうことも少なくなった最近では、アルバムを開くことさえなくなりました。
 アルバムを開く一番の機会は、新しい写真を追加する時。スーッと透明のフィルムを剥がし、収まりを確認しながらその写真を台紙に乗せ、フィルムをソーッと被せて一息ついて、そしてそのアルバムをめくりながら思い出を辿るのです。そんな作業を何年、何十年続けて来た結果、数十巻にもなる思い出記録ができたのですが、最近、それすら見なくなってしまったことに気づき、ちょっぴり罪悪感のようなものを感じてしまいました。

 確かにスマホは便利です。若い人に「ほら、あの時の・・・・」と言えば即座に「はい!」と言ってスマホ写真を出してくれます。しかし先ほど言いましたように、それは私には何かを確認する程度で、じっくり見ようとは思えないものなのです。スマホが手の中にあれば画面が揺れて見にくいし、テーブルに乗せてもプリントされた写真とはどこか違っていて、どうにも受け付けないのです。

 「君たちはアルバムなんて作らないの?」と若い人たちに聞いてみれば、「あんな重たい面倒なものは必要ないです」とのこと。なんだかがっかりというか、取り残されてしまった感じになりました。

 東日本大震災の時、がれきの中から出て来た泥だらけのアルバムを、食い入るように見入っていたお爺さんの姿が目に浮かびました。あの方も、家族の思い出は、アルバムの中に大切に仕舞われていたのでしょう。


 そう言えば手紙もそうかと気がつきました。そういう私自身、数年前、盆暮れ正月のご挨拶をご辞退して以来、めっきり筆不精になってしまいました。机の片隅には、頂いた大切なお便りを仕舞う箱が置かれているのですが、そこも寂しげです。またその横に置かれた便箋、インク、万年筆も手持ち無沙汰にしています。

 手紙は「メール」で事足りる時代になってしまったのでしょう。私も多少のことはできるようになって、今ではもっぱら「メール」に頼っています。どこかでは、手紙の良さ、貴重さは「メール」では表せないと判りつつも・・・・。

 時代が変わることは仕方ありません。でもこれからの時代、大切な思い出はどのように仕舞われて行くのでしょうか。

 テレビ屋  関口 宏

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。