記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

新年ですが・・・・

テレビ屋 関口 宏

 2023年。「明けましておめでとうございます」と御挨拶するべきところですが、今年はどこか、目出度さに欠ける年明けになってしまった感じがしています。
 未だ止まらぬウクライナの戦争、そして3年経って4年目に入るのに終息しない新型コロナ。その他にも気がかりな問題を沢山抱えながらの年越しは、私の長い人生の中でも珍しいことのように感じます。

 では戦争、コロナ以外のその他の問題とは何なのか。日本の経済関係だけでも、「円安」「物価高」「低賃金」「格差」・・・・・そして膨らみ続ける「国家予算」「防衛費」「国の借金」等々、果たして正常な国家運営ができるのか不安が募ります。

 外に目を向ければ「米・中」「中・台」「ロシア・NATO」「北朝鮮」「イラン」等々の危険を孕む国際問題。また人権問題のクルド、ウイグル、ロヒンギャ等々。紛争地はアフリカ、中東に点在していて、何時、何処で、何が起こっても不思議ではない状況の中に私たちは生きています。


 そうした混沌状況の世界の中で、我が日本の「国力」の低下を心配する声が広まってきました。先ほど述べた「経済」を見ても、アメリカに次ぐ経済大国と言われた時代は終わり、日本の得意とした分野がどんどん狭まっているようです。

 かつて、「Japan as No1」という本が世界のベストセラーになった時代がありました。
1970年〜80年代の頃で、自動車、家電を筆頭に、日本製品が世界に売れまくった時代です。1945年の敗戦の廃墟の中から立ち上がった日本人が、力を合わせて復興に取り組んだ結果、世界から注目される存在になったのです。

 今考えれば、あの頃の我々日本人は得意の絶頂期にあったのでしょう。「やれ行けそれ行け」と、止どまるところを知らず、突っ走り続けました。そして「ハワイを丸ごと買える」とか「マンハッタン、いやニューヨークが買える」という話が出るくらい鼻高々、そして傲慢になって行ったように思われます。

 それはやがて「バブル崩壊」(1991〜93年)という悲惨な現象に見舞われます。企業の倒産・廃業が相次ぎ、銀行・証券会社も行き詰まりから吸収合併を余儀なくされました。
「失われた10年」と言われて日本経済は活気を失いました。そしてそれは10年にとどまらず、「失われた20年」「30年」となり今日に至っています。

 そうした中で考え出された苦肉の策とも言われる「手」が、「アベノミクス」だったのでしょうが、それも何やら危険信号が点り始めたようです。

 「日本の国力低下」を危ぶむ声は、経済の話ばかりではありません。技術力を競う世界大会でも、以前はベスト3に必ず入っていた日本が入っていないとか、学術的論文を競う世界的なコンペの場からも、日本が後退していると聞きます。

 他にも、「国の民主度」「女性の公平度」などでも、日本は先進国の上位には入れていないそうです。

 そこで、ややPRになってしまうかもしれませんが、1月8日の「サンデー・モーニング」では、「落ちるニッポン 再生の道は・・・・」と題して特集を用意しています。
スタート時間がいつもより30分早い7時30分になりますが、よろしければご覧ください。


サンデーモーニング新春スペシャル
2023年1月8日放送 7時30分から

 それにしましても、「国」の在り様を考える時の大事な根本は、そこで「生きる」ということです。その「生きる」ためには、そこに住む全ての人が食べられるだけの「食料」、さらに「水」、」そして「エネルギー」を、「自前」で確保できているかが基本です。
 その上で、「国力」を誇る国、ニッポンであってほしいと願っています。


 テレビ屋  関口 宏

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。