記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「フィルター付き」は堕落だ

 稲村

 義理の父はショートピースを愛好していました。もちろん両切りです。しかも「ピーカン」という愛称がついていた缶入りのピースでした。缶のフタを開けただけで、いい香りが流れたものです。
 ピースは1946年1月13日に発売された本格的な高級たばこでした。鳩がオリーブの葉をくわえているデザインで、第二次大戦で致命的な打撃を受けた日本が「平和であれ」という願いを込めたのでしょう。
 妻の実家に行ったときに聞かれました。「君は何を吸っているのか」。当時、私は「セブンスター」か「ハイライト」だったと記憶していますが、そう答えると「フィルター付きを吸うなんて、タバコ吸いの堕落だ」と厳しい言葉が返ってきました。
 しばらくの間、ショートピースを吸うようにしていたのですが、強すぎることと高すぎることで、あきらめることになりました。ピース派だった義父は90歳になったときにフィルター付きロングピースに替えました。長年の主張はどこへ行ったのか、と問うと「そろそろ健康も考えなければいけない」という答えが返ってきたのには驚きました。何か感じることがあったのでしょう、彼は3年後93歳で亡くなりました。

             稲村

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。