記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「書いても書かなくてもよいことをかくところに、新聞紙の生命がある」

 独立メディア塾 編集部

 杉村楚人冠(1872年8月28日~1945年10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人。(「山中説法」から)

 「朝日新聞社史大正・昭和戦前遍」によると杉村は朝日新聞記者としてロンドン特派員を務めたあと、第一次世界大戦の開始(1914年)とともに再びロンドンに派遣された。花形記者だった。
 「山中説法」は杉村が「アサヒグラフ」と「週刊朝日」に掲載した連載をまとめたものだ。昭和10年出版された。辛辣な言葉を多数残している
 「小説家はイマジネーションが衰えて来るに随って、歴史伝記に走る」
 「日本に総理大臣の数が幾つあるかと尋ねた人がある。失礼なことを尋ねるものではない。陸軍大臣がやめても陸軍といふものは厳として残る。農林大臣がやめても、農民はなくならない…。内閣総理大臣がやめたら、内閣も残らない」
 「勝太郎は、新橋から出でず、エノケンは木挽町から興らず」
冒頭の言葉は「言っても言わなくてもよいことを言ふところに、人生の妙味があり、書いても書かなくてもよいことをかくところに、新聞紙の生命がある」と人生の妙味にまで触れている。
 若者の向けの“いいこと”も言っている。
 「年少の間は成るべく多くの無用の書を読んでおくがよろし。有用の所は年を取って後にも読む折りがいくらでも有る。無用の書はそういう訳に行かぬ」
 1921年に始まった夕刊コラム「今日の問題」の初代執筆者になり、記事審査部の初代部長になった。翌年に創刊されたアサヒグラフの初代局長も務めた。
 著書「新聞紙の内外」では英国の新聞事情を紹介し、記事審査部、新聞記者協会のあり方などを論じた。新聞の切り抜きなどを行う調査部を「タイムス」で見て朝日新聞に導入するなど、現在に通じる改革に取り組んだ。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。