記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「老いらくの 恋は怖(おそ)るる何ものもなし」

 独立メディア塾 編集部

 歌人であり、実業家だった川田順(1882年=明治15年1月15日~1966年1月22日)は、人妻だった歌人の鈴鹿俊子(1909年9月18日~2008年2月20日)を弟子にしたが、やがて不倫の関係になった。鈴鹿は大学教授夫人、3人の子供がいた。悩んだ川田は1948年11月30日、家出をし、亡妻の墓の前で自殺を図った。このとき川田が詠んだ歌が「墓場に近き、老いらくの 恋は怖るる何ものもなし」(全文は以下に)。ここから「老いらくの恋」が流行語になり、11月30日が「シルバーラブの日」と呼ばれるようになった。2人はその後、結婚した。

 川田の父親は宮中顧問官の文学博士。東京帝国大教授、貴族院議員などを歴任した。川田は1939年、和子夫人を亡くし、知人である元京都帝国大学教授・中川与之助の夫人、鈴鹿俊子に歌の指導をするうち、恋仲に発展した。中川夫妻は1948年に離婚。川田は自責の念に苛まれ、同年11月30日に家出、亡妻の墓前で自殺を図った。
 家出の際に谷崎潤一郎たち友人に遺書を送り、「恋の重荷」というタイトルの長詩を「週刊朝日」に送ったことから、世間に知られることになり、“老いらくの恋”として騒がれた。

 川田の自叙伝「葵の女」によると、兄弟姉妹は7人。姉綾子は巌谷小波の愛を振り切って日銀総裁の三男と結婚した。巌谷は作家であり児童文学者。尾崎紅葉はこの話をもとに「金色夜叉」を書いたとという。
 「葵の女」は自叙伝ではあるが、上流社会の女性遍歴の記録でもある。本人も十分自覚していて「女以外に自伝の対象となるものは無いことになる。この小著に現れた女性は五十余人にのぼるけれども、恋愛の名に値する関係者のものは五本の指を屈するほどもない」と様々な女性と浮名を流したことを記している。
 同書に「老いらくの恋」が掲載されている。
 「若き日の恋は、はにかみて おもて赤らめ、壮子時(おさかり)の 四十歳(よそじ)の恋は、世の中に かれこれ心配(くば)れども 墓場に近き、老いらくの 恋は怖るる何ものもなし。」(川田順)

 ネットによると、俊子の返歌は
 「命こめて作らむものを歌に寄せし この吾心きみによりゆく」

 俊子は随筆「死と愛と」で次のように書いている。
 「私は男の人を深い交渉で知っているのは、川田と以前の夫の二人しかいない。世間からどうみられているかわからないが、私は真面目な真実の人生を歩きたいと思う」

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。