記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「文化勲章の名前が大きすぎる。自由でいたい。なんでもなくいたい。ただ芝居を芝居をしていたいだけ」

 独立メディア塾 編集部

 日本を代表する舞台女優、杉村春子(1906年=明治39年1月6日~ 1997年=平成9年4月4日)は1995年の文化勲章を辞退した。(10月27日、朝日新聞朝刊)。11月3日の宮中伝達式では遠藤周作、団藤重光らが受章した。
1937年、岸田国士、久保田万太郎らが創立した劇団文学座の結成に参加。1945年4月、東京大空襲下に初演された森本薫作『女の一生』は、1990年に84歳になるまで演じ続け、上演回数は947回を数えた。『欲望という名の電車』のブランチ役も上演回数593回。

 杉村春子が愛した3人の男

 「『四、五日したら、また帰ってきますからね』って、気持ちを引き立てるようにベッドの石山に言って、病室を出るときもういっぺん振り返ってみたら、石山は向こうを向いていました。あたし、行ってもういっぺん顔を見ようかしらと思ったけど、思い切って出たんです。石山と会ったのはそれが最後になりました」(杉村春子著「振りかえるのはまだ早い」から)
 「杉村春子は三人の男を愛した。愛されもしたが、よりつよく、むさぼるように愛した。そして男たちは死んだ。杉村春子にタマシイを吸われたのであろうか」(新藤兼人著「女の一生 杉村春子の生涯」から)
 「三人の男」とは最初が1933年に結婚した5歳年下の慶應大学出身の医学生、長広岸郎。1942年に結核で亡くなった。二人目が愛人で『女の一生』などを書いた劇作家の森本薫。森本も1946年に結核で亡くなった。1950年に10歳年下の医者、石山季彦と結婚したが、1966年に結核で亡くなった。
 「石山と会った最後…」の言葉は、病状が悪化した石山を残して「欲望という名の電車」の公演で小樽の初日にいくことを決めたときのこと。「石山は死ぬ。私がそばについていても死ぬ。わたしは何ものだ、役者だ、石山もそれを知っている、ならば、わたしはお客さまが待っているところへ行かねばならぬ。長広のときもそうだった、森本のときもそうだった。客が待っている」(「女の一生 杉村春子の生涯」から)
 「何故、あの時石山を一人置いて旅に出てきてしまったのでしょう」(「自分で選んだ道」から)と悔いを書いた。
 1995年、文化勲章授章決定の内示を受けたが、「勲章を背負って舞台に上がりたくない」「戦争中に亡くなった俳優を差し置いてもらうことはできない」と辞退した。没年91歳。(ウィキペディアから)

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。