記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「投げたボールの『意図』について一球一球説明できなければメジャーに行けない」
(野茂英雄「ドジャー・ブルーの嵐」から)。

 独立メディア塾 編集部

 野茂英雄(1968年8月31日 ~)は、元プロ野球投手。近鉄バッファローズからメジャーへ。メジャーでノーヒットノーランを2回達成、最多奪三振を2回獲得、新人王受賞というアジア人選手初の偉業を成し遂げた。日米通算最多奪三振(3122)記録保持者。

 2人目の大リーガー日本人

 野茂は1989年のドラフトでは史上最多の8球団から1位指名を受け、近鉄バッファローズに入団。契約時に投球フォームを変更しないという条項が付け加えられた(ウィキペディア)。1995年、近鉄を任意退団してロサンジェルス・ドジャースと契約。5月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で先発投手を務め、村上雅則以来32シーズンぶり2人目の日本人メジャーリーガーとなった。
 1996年9月17日のロッキーズ戦、2001年4月4日のボルチモア・オリオールズ戦で二度のノーヒットノーランを記録している。
 「アメリカの野球は、投げたボールの『意図』について、マイナー時代からコーチとの間で徹底したディスカッションが行われます。決め球だけではなく1球1球、ピッチャーはその『意図』を説明しなければならない。ただ速いボールを投げるピッチャーだったら、マイナーにいくらでもいる」野茂はこの年、オールスターゲームに選出された。日本人初の快挙。
 日米野球について野茂の言う「意図」とは、スピードでもなく球威でもなく、どのコースに、どういう意図で、どんなボールを投げるか、ということ。また打者についても
 「ノースリーの場合、日本なんかだと『1球待て』のサインが出たりするチームもあるようですが、こっちではそんなことはありません。フォアボールを選ぶことよりも、打って塁に出る、それこそがベースボールの原点だと思っているのです。ノースリーから打ってでて、凡打に終わったからといって、日本のように怒られることもありません」。
 (「ドジャー・ブルーの嵐」から)


トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。