記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「勝札(かちふだ)ではなくて負札(まけふだ)だ」

 独立メディア塾 編集部

 昭和20年7月、政府は軍事費の調達をはかるため、富くじ「勝札(かちふだ)」を発売した。1枚10円で1等は10万円が当たる。しかし、最終売り出し日は日本が終戦日の8月15日。抽せん日はそれ以降の設定だったため、皮肉にも“負札(まけふだ)”と呼ばれるようになってしまった。(宝くじ公式サイトより)

 復興資金調達のため宝くじ

 終戦後の20年10月のこの日、政府は激しいインフレ防止と復興資金の調達のためのため、日本で初めて臨時資金調整法に基づいて政府第1回「宝くじ」を発売した。
 宝くじは1枚10円。賞金は1等10万円、2等1万円、3等1000円、4等50円、5等20円で、副賞として4等まではキャラコ(インド産の平織りの綿布)が付いた。また、ハズレ券4枚でタバコ10本がもらえたという。
 翌1946年(昭和21年)には荒廃した地方自治体の復興資金調達をはかるため、各都道府県が独自で宝くじを発売できることになった。同年12月に地方くじ第1号「福井県復興宝くじ」(別名:ふくふくくじ)が発売された。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。