記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

【新聞コラム特集】
読売新聞・編集手帳(2021年11月12日)

 独立メディア塾 編集部

作家の瀬戸内寂聴さんは自分の若いころを語るとき、容赦なくバカ娘と呼んだ。父親の言葉だからだろう◆京大病院の図書室員だった当時、東京に行って小説を書こうと思った。父に手紙を出した。「遺産を前渡ししてほしい。それがだめなら死ぬ」。意外にも父は了承してくれた。「バカ娘のために、もうひと働きしなければならなくなった」。その瞬間、父は倒れ帰らぬ人となった。娘の手紙をポケットに入れたまま◆「父を殺し、子供を捨て、私は何と罪深いことか」とかつて本誌の取材に語っている。作家人生の始まりのような場所に、罪と業がたたずんでいた◆瀬戸内さんが99歳の人生に幕を閉じた。自身の不倫体験をもとにした「夏の終わり」をはじめ、作家・岡本かの子の生涯を描いた「かの子繚乱(りょうらん)」にも女性の愛と性、そして罪と業がある。体面をかなぐり捨て、身を引きちぎるように人間と文学に向き合った人だろう。自身の墓碑に刻む言葉は決めていたという。<愛した、書いた、祈った>◆晩年の随筆などを拝見すると、ふと浮かぶ疑問がある。自分を許せたのか。情念の筆を読み返したくなる。

-------------------------
その他各紙のコラムはこちら

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。