記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「地雷を踏んだら、サヨウナラ!」

 独立メディア塾 編集部

 戦場カメラマン一ノ瀬泰造(1947年11月1日 - 1973年11月29日)の「地雷を踏んだらサヨウナラ」から。
10月28日に沢田教一9月7日に後藤健二、5月27日に橋田信介各氏の言葉)

 一ノ瀬泰造はベトナム戦争、カンボジア内戦を取材、『アサヒグラフ』や『ワシントン・ポスト』などで活動した。「地雷を踏んだらサヨウナラ」の表題は73年11月18日に知人に出した手紙から。
 「1年前は3カ月かかって、政府軍、共産軍のポジション、河、林、路、気候、地雷の位置を調べたけど、今回まわりをグルッと簡単に見ただけ」
 「今回は、地雷の位置も全然解らず、行き当たりドッカンで、例のところの最短距離を狙っています」「旨く撮れたら、東京まで持っていきます。もし、うまく地雷を踏んだらサヨウナラ」。
 この手紙を最後にアンコールワットに向かい消息を絶つ。
 1982年遺体が発見され、その後、1973年クメール・ルージュに捕らえられ、「処刑」されていたことが判明した。


 20世紀を代表する戦場カメラマン、ロバート・キャパ(1913年10月22日~1954年5月25日)は、ハンガリー生まれ。スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した。
 キャパは1954年、第一次インドシナ戦争に従軍したとき「これはおそらく最後の面白い戦争さ」と言い残した。日本に滞在していたキャパは引き止める人たちに言った。「一晩考えたが、俺の血がベトナムに従軍するのを止められないんだよ」。
 取材中に地雷に抵触し死亡した。ロバート・キャパ賞が設けられている。(「ライカでグッドバイ」青木冨貴子著から)

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

「戦争」の他の記事

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。