ゲスト様

2020年10月号

勝つのはどっち? 世論調査の醍醐味

テレビ朝日アメリカ 社長  武隈 喜一

 あと2週間もすれば、どうせ大統領選挙の結果が出るのだから、どちらが勝つかと予想したり、有権者の投票行動を読み取ったりすることは無駄なことのように思われるが、大統領選挙は複雑極まりない米国社会が凝縮されたような長丁場の大イベントで、その過程で思いもよらない米国民の姿が垣間見えるので、調査分析を読み解くことは面白い。
 10月はじめのGallupの調査に興味深い数字がある。
https://news.gallup.com/opinion/gallup/321650/gallup-election-2020-coverage.aspx

 まず、「4年前と比べて今は、あなた、あるいはあなたの家族は良くなっていると思うか?」という質問には56%が ”yes” と答えているのだ(上のグラフ)。これは1984年以来の8年ごとの数字の中ではもっとも高い数字だ。

  56%が「トランプ勝利」

 そして、世論調査ではバイデン候補がリードを保っているにもかかわらず、「あなたが誰に投票するかは別にして、11月の選挙で誰が勝つと思うか?」という問いに対しては、56%の人が「トランプ」と答えているのだ。一方「バイデン」と答えた人は40%に過ぎない。共和党支持の90%が「トランプが勝つ」と答えているのは不思議ではないが、民主党の支持者で「バイデンが勝つ」と答えた人は73%、「支持政党なし層」では56%が「トランプが勝つ」と答えている。実はこのGallupの調査は1996年から2016年まで、「獲得投票数(一般投票)」で勝った候補をすべて当てている(2000年のゴア候補と2016年のクリントン候補は選挙人獲得数で負けた)。

  「隠れバイデン」上回る「隠れトランプ」

 ここでは、誰が「勝つか」という言葉が意味深長で、バイデン支持者の中でも、トランプ陣営が郵便投票の無効宣言や投票行動の妨害、果ては連邦最高裁判所の多数決判断まで、あらゆる手を使ってでも「勝つ」だろうと推測している人が少なからずいるということだ。ちなみにトランプ支持者の90%は、トランプ大統領自身が毎日のように集会でそう繰り返しているせいか、トランプが地滑り的大勝利で勝つ、と信じている。
 また、Monmouth University Polling Instituteの調査では57%の人が「自分たちのコミュニティに隠れトランプ支持者がいる」と考えていて、「隠れバイデン支持者がいる」と考えているのは27%にすぎない。しかも激戦州では62%の人が「隠れトランプ」の存在を身近に感じている。
 さらに、10月13‐20日のReuters/Ipsosの調査では、バイデン支持者の43%、トランプ支持者の41%が、「自分が支持しない候補者が勝った場合は、その結果を受け入れない」と答えている。もっと過激に「支持しない候補者が勝った場合、街頭に出て暴力行為も辞さない」と答えたのはバイデン支持者の22%、トランプ支持者の16%にのぼっている。

(2020.10.26)

武隈 喜一

テレビ朝日アメリカ 社長

1957年東京生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科、
東京大学文学部露西亜文学科を卒業後、出版社、通信社などを経て
1992年テレビ朝日入社。1994年から1999年までモスクワ支局長。
2010年から12年まで報道局長。2016年7月からテレビ朝日アメリカ社社長。ニューヨーク在住。

お知らせ

新着記事

ページトップに戻る