記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

大統領選の視聴数は20%ダウン

テレビ朝日アメリカ 社長 武隈 喜一

 大統領選挙の開票作業はまだ続いているが、11月3日の20時から23時の各局開票特番の平均視聴数は5690万人で、2016年の7140万人から20%ダウンした。


 これは三大ネットをはじめCNNやMSNBC、Telemundoなどケーブルテレビを加えた21のネットワークを総合した数で、ニールセンが毎回公表している。
 前回は、票が開くとともに事前の予想に反してトランプ候補がヒラリー・クリントン候補を圧倒し、勝利宣言するという劇的な展開で、TV各局の狼狽ぶりがそのまま視聴者に届けられるという、トランプ劇場のクライマックスだった。

  郵便・期日前投票が増え開票に時間

 今年は選挙そのものへの関心は高いものの、郵便投票、期日前投票の多さから、開票作業には時間がかかり、すぐには結果がでないことがわかっていたことと、例年のような派手な勝利集会を両候補者が予定していなかったことなどもあって、視聴数は低調だった。 「もっとも見られていた」テレビ局は今年もFox Newsで1360万視聴数、続いてCNNの910万、MSNBCの730万と24時間のニュース専門ケーブルチャンネルが1位から3位を占めた。そのあとにABC 610万、NBC 560万、CBS 430万と最大ネットワークがつづく。 年齢層では55歳以降が2780万、35‐54歳が1750万、18‐34歳が770万と圧倒的に年齢の高い層が視聴者の中心だった。

(2020.11.05)

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

「大統領選 メディアの現場から」の他の記事

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。