ゲスト様

2020年8月号

大統領をSocial Mediaから締め出し

テレビ朝日アメリカ 社長  武隈 喜一

 4年前にはTwitterへの投稿を繰り返すトランプ候補の発信術はとんでもなく異様だった。その一方で、対抗する民主党のヒラリー・クリントン候補への誹謗中傷を繰り返してFacebookに投稿し、TV広告に頼ることなく、もっぱらゲリラ的にSocial mediaでの言論活動を展開するトランプ陣営のメディア戦略は、まったく新しい選挙キャンペーンで新鮮だった。

  トランプ支持フォーラムを閉鎖

 ところが、トランプ大統領の発信源となってきたFacebookもTwitterも、黒人差別抗議行動が広がる中、差別を助長する発信や暴力を誘発する大統領の呼びかけを、新しいガイドラインに反するとして削除したり、リツイートできなくする措置を取り始めた。
 6月29日にはSocial mediaプラットフォームRedditが「ヘイトスピーチ」だとして、白人至上主義者のトランプ支持フォーラム”r/The̠Donald”を閉鎖した。Amazonの保有する動画配信プラットフォームTwitchもトランプ陣営のキャンペーンビデオを「暴力に関する規定」に抵触するとして配信を中止した。
 この”r/The̠Donald”は、2016年の大統領選挙直前には、ワシントンD.C.のピザ店が民主党の児童買春の隠れ家となっているという、いわゆる「ピザ・ゲート陰謀論」を流して、信じ込んだ共和党支持者が銃撃騒ぎを起こす原因となったり、2017年にはチャーロッツヴィルでの白人ナショナリストの暴力的な集会の旗振り役になっている。

  行き場失うトランプ支持の投稿

 ちょうど、トランプ陣営が、宣伝放送の実質的な拠点を4大ネットワークの一角Fox Newsからカリフォルニアの小規模なTV局One America News Network (OANN)に移したように、TwitterやFacebookなどの大手Social mediaから締め出されたトランプ陣営と過激な支持者は、ParlerやGab、Discord、Urbitといったニッチなプラットフォームに投稿先を移している。
 ところが、Discordも先週、極右のトランプ支持組織”Boogaloo”の投稿をブロックした。トランプ陣営の中には、行き場を失いつつあるトランプ支持の白人ナショナリズムの言論を携帯用選挙アプリTrump 2020 Appで救い上げようという声もあるが、”r/The̠Donald” の呼びかけには、きわめて過激なものもあり、トランプを支持する穏健な保守層にどう受け止められるかは予断を許さない。
(2020.07.01)

武隈 喜一

テレビ朝日アメリカ 社長

1957年東京生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科、
東京大学文学部露西亜文学科を卒業後、出版社、通信社などを経て
1992年テレビ朝日入社。1994年から1999年までモスクワ支局長。
2010年から12年まで報道局長。2016年7月からテレビ朝日アメリカ社社長。ニューヨーク在住。

お知らせ

新着記事

ページトップに戻る